ゆう歯科・口腔外科クリニック 登戸院

ご予約はお電話で

044-819-8886

小児歯科

「いずれ生えかわるから……」。
乳歯のむし歯はそんなふうに思ってしまいがち。でも、たとえ生えかわる乳歯であってもむし歯を放置しておくと、口の中のむし歯菌が増え、まだ生えていない永久歯にも影響を及ぼします。

その結果、食べ物を効率よく噛めなくなったり、さらには大人の歯の生えるスペースを確保できなくなり、永久歯の歯並びに悪影響を与えてしまったり……。

定期検診

そうならないために大切なのが定期健診です。一般的に生後6か月くらいから乳歯が生え始めて、16歳頃大人の歯並びが完成します。その間、お口の状態は常に変化し、むし歯のできかたや汚れかたも成長とともに変化します。

ですから、定期的な検診はとても大切。当院では歯科医師や歯科衛生士による定期健診をおこない、むし歯の有無はもちろん、お口の清掃状況や日常の歯磨きの確認などをチェックします。さらに、不正咬合を誘発する因子がないかなどの歯並びに関するチェックなどもおこないます。

さらに、ひとりひとりに合った歯磨き指導もおこない、必要に応じてフッ素塗布などの予防処置も行います。

定期的に歯科医院に通うのは大変、と思われるかもしれませんが、むし歯は大きくなるほど処置がむずかしくなり、お子様にかかる負担も大きくなっていきます。お子様に負担なく治療をするためにも、定期健診はとても大事です。また、定期的に歯科医院に足を運ぶことで、お子様の治療への恐怖心の軽減にもつながります。

小さなころから予防

むし歯の予防処置には、むし歯の進行止めの薬や、むし歯になりやすい歯の溝の部分を埋めるシーラント、フッ素塗布などがあります。生えたての乳歯はむし歯になりやすく、こうしたむし歯の予防処置はても有効です。

フッ素

フッ素を塗布することで、歯の表面にあるエナメル質のむし歯に対する抵抗力を高めます。

①歯を強くする

歯の表面からフッ素が取り込まれむし歯菌によって作られた酸に溶けにくい強い歯が作られます。

②再石灰化を促進する

むし歯で穴のあいてしまった歯は自然には治りませんがカルシウム等のミネラル分が溶け出したむし歯のなり始めの歯では元に戻る事が期待できます。 これを再石灰化と言いフッ素はこの働きを助けます。

③むし歯菌の働きを抑制する

むし歯は口の中に住んでいる細菌が起こす病気です。フッ素はこのむし歯の原因菌の働きを抑えます。

キシリトール

白樺などの木の原料から作られる天然の甘味料で安全な食品です。
キシリトールは厚生省により食品添加物として許可されています。アメリカ合衆国の食品衛生安全局も、キシリトールを一日の摂取量に制限を与えない安全性の高いカテゴリーとして扱っています。
効果は以下のようなことが期待できます。

・酸をつくらない
・唾液の分泌を促す
・プラークの量を減らし、汚れを落としやすくする
・ミュータンス菌の増殖を防ぐ・再石灰化を助ける ・プラーク中のPHを5.7以下に下げない(口腔内のPH値を保持する事で虫歯の発生を抑える。)

シーラント

むし歯の原因となる歯の細く深い溝を歯科用レジン(プラスチック)で埋めて、その部分のむし歯の予防をします。 奥歯など歯ブラシが届きにくい場所に有効です。

しかし、予防処置は絶対ではありません。一度処置をしたからといってずっと虫歯にならないというものではなく、虫歯になるリスクを減らすものと考えていただきたいと思います。虫歯予防にはやはりふだんのお手入れが大事。毎日歯をしっかり磨いて、定期健診を行うことが必要です。

虫歯予防

お子様の治療への不安をなくすために

大人でも歯医者に行くのは苦痛です。小さいお子さんならなおさら。まずはお子様の歯医者への恐怖心をなくすことが治療の第一歩です。そこで当院では、キッズルームや治療後のご褒美などの設備を整え、お子様が少しでも歯科医院に恐怖心を持たないように努力しております。

治療では、お子様を強制的に診察台に座らせて無理に処置をすることはありません。お子様とコミュニケーションをとりながら、まず歯科医院や担当医に慣れていただき、必要ならば保護者のかたにそばにいていただきながら、少しでもお子様の不安を取り除くように治療していきます。

お子様への歯みがき指導

乳歯は、永久歯に比べてやわらかく、虫歯になりやすいものです。また、乳歯も永久歯も生えてきたばかりの歯は、虫歯になりやすく、進行もとても早くなります。

ですから、歯科医院での定期健診などと同時に保護者のサポートがも大変重要です。当院では、大切なお子様の歯がむし歯にならないように、適切なアドバイスやブラッシング指導をおこない、ご家族のかたと一緒に虫歯予防をしていきたいと考えております。

親子のふれあいの場として楽しい雰囲気で行われるべき歯みがきが、嫌がる子どもを無理にみがくなど、親子のストレスとなっていることがあります。家族の協力のもとで楽しい雰囲気をつくり、楽しくて気持ちのよい歯みがきが身につくように、あわてず、あせらず、ガーゼみがきなどから始め、徐々に歯ブラシに慣れさせるようにしましょう。

歯ブラシの選びの簡単な基準

子どもの歯ブラシは次のような条件に基づいて選びましょう。

1.、口の中で操作がしやすいよう、小型のもの

幼児期には親が歯みがきをすることが多いので、親がみがきやすい歯ブラシを選ぶのが基本です。一般に植毛部は15~17mmで、毛足は短めのものが適切です。

学童期になれば歯みがきを自分でできるようになるので、子どもが使いやすい歯ブラシにしましょう。植毛部は口の大きさに比例して大きくしていきますが、学童ではおよそ18~20 mmで、毛足は8~10 mm 程度のものが使いやすいです。、親の点検みがきも忘れずに。

2、毛は柔らかめのものを

幼児期には歯ブラシを噛む習慣がつくお子さんがいます。この癖は長くは続かないので、その間だけは歯ブラシの交換をこまめにしましょう。 歯ブラシの柄(把持部)はさまざまな形のものが市販されていますが、ストレートで握りやすいものがおすすめです。

歯ブラシ色々
歯みがきペーストの注意

最近の歯みがきペースト、いわゆる歯磨き粉には種々の研磨剤や発泡剤、清涼剤等が含まれており、乳歯には強すぎるものもあるので、成人用と使い分けましょう。 親子のふれあいの場として楽しい雰囲気で行われるべき歯みがきが、嫌がる子を無理にみがくなど、親子のストレスとなっていることがあります。家族の協力の下で楽しい雰囲気をつくり、楽しくて気持ちのよい歯みがきが身につくように、慌てず焦らず、口の機能と歯の生え方をみながらガーゼみがきなどから始め、徐々に歯ブラシに慣れさせるようにしましょう。
当院ではお子様の歯の健康のため、フッ化物塗布、ブラッシング指導、予防充填(シーラント)、小児矯正などさまざまな点からサポートしていきます。お子様の歯科でご相談がある方は一度ご来院ください。

乳幼児のお口のケアと指導

乳幼児のお口の環境は、月齢によって大きく異なります。それは新たに歯が生えてきたり、母乳やミルクから離乳食などへと移行したり……と、変化するからです。

当院では、お子様のお口の状況に応じて、歯みがきのしかた、適切な飲食の習慣、哺乳瓶の使用やおしゃぶりに関する指導などをおこなっています。さらに、口腔内の清掃やフッ素塗布、またお口の中がむし歯になりやすい環境になっていないかの定期的な検査などもおこないます。

なるべく早い時期からお口の環境を整えることは、後々の口腔内の状態をよくするのに非常に有効です。また、乳幼児の頃から歯科医院に通うことで、その後の歯の治療への恐怖心も軽減されます。

当医院は、お子様やその保護者の生活習慣にあったケアの方法をみつけ、保護者と歯科医師の二人三脚でお子様のお口のケアができればと考えています。

小児歯科

子供の歯並び

小児矯正

小児歯科における矯正治療は歯並びを整えて見た目を良くすることにより、「噛むこと」=「食べること」・「発音」=「話すこと」の基礎作りです。その結果として、むし歯・歯周病の予防にもつながる特徴を持っています。 年齢制限はありませんが、早めの対応が良い結果をもたらします。

治療開始の目安

子どもの矯正は、あごの骨が成長する6歳~14歳までの間に行うのが有効だと言われています。それは、上あごと下あごの大きさのバランス、歯とあごの大きさのバランスをある程度コントロールしやすいためで、小児矯正ではこの成長発育を利用して効率よく治療を行います。あごの骨がよく発達する時期なので、「歯を抜かずに歯並びを整えることも可能」という大きなメリットもあります。

子供の時に矯正を始めるメリット

・歯を抜かないで治療を行える可能性が高くなります。
・ある程度の成長をコントロール出来るため、上下の顎のバランスを改善する事ができます。
・大人に比べて子どもの方が一般的には歯が動く際の 痛みが少ないようです。
・咬み合わせを早期に改善する事により、顎の関節や歯への負担を減らす事ができると考えられています。

矯正装置の種類

矯正はブラケットという矯正装置を歯の表面に装着させ、そこにワイヤーを輪郭づけして歯を動かす矯正法で行います。
当院ではお子様の成長を考えた上で、歯とあごの骨にやさしい装置を使用して治療を行っております。
安心してご相談ください。

pagetop